タカコが医療脱毛とエステ脱毛の違いを教えるわよ

脱毛を始めようと思った時に医療脱毛とエステ脱毛のどちらの方法で脱毛を行うか、迷いませんか?
最近では脱毛を受ける費用がとても安くなりましたが、医療脱毛とエステ脱毛では値段に違いがあります。この2つの方法には、どういった違いがあるのでしょうか。
ここでは効果や期間、費用などを比較していきたいと思います。脱毛を検討されている方の参考にしていただけると幸いです。

医療脱毛とエステ脱毛の違い

まず、医療脱毛とエステ脱毛の違いについてポイントに絞って解説していきます。

エステ脱毛

エステ脱毛というと、ミュゼ、脱毛ラボ、キレイモ、銀座カラーなど大手サロンのCMや広告を1度は目にしたことがあると思います。
これらの脱毛サロンは、光(フラッシュ)脱毛という方法で脱毛を行います。
まずは脱毛の仕組みについて解説します。

・脱毛の仕組み
どの部位の毛にも毛周期という毛の成長サイクルがあります。(毛が生える、抜ける)
<毛周期>
成長期:毛の成長期間
退行期:成長が止まり、毛根が押し上げられる
休止期:自然に毛が抜け落ちる

成長サイクルの中で、脱毛に最も適している時期が『成長期』なのです。
そのため、サロンでは毛周期に合わせて効率的な脱毛プランが立てられます。毛周期に合わせると、2~3ヶ月に1回ペースの施術になるのです。

そして光脱毛では、毛根部分に光を照射することで毛根にダメージを与えて毛の成長を抑制します。

毛根部分にダメージを与えると、だいたい照射後1週間~2週間くらいで自然に抜けるのが一般的です。
しかし、1度抜けても時間が経つと再び毛の成長が開始されます。
1度では毛乳頭、毛母細胞を壊すことができないのですが、照射を受けた毛穴からは前よりも細く、弱くなっている毛が生えてきます。
細くなった毛に再び照射、施術を繰り返すことでムダ毛を抑制し、生えない状態にしていきます。

・光脱毛が主流。他にハイパースキン脱毛、SHR脱毛などがある
採用されている脱毛マシンは、サロンによって異なります。
では、これらのマシンを使用して行われる脱毛の仕組みについてもチェックしていきましょう。

エステ脱毛では、光(フラッシュ)脱毛が主流です。
光脱毛は多くのサロンで採用されている脱毛方式で、S.S.C脱毛やIPL脱毛などがあります。
使用している脱毛機器は、メーカー、名称、方式などが違うと言われていますが、基本的に効果に違いはありません。
〈S.S.C脱毛〉
光に反応するジェルを肌に浸透させ、ジェルと照射の相乗効果でより抑毛効果を得ることが期待できます。生えてくる毛の成長を抑制します。
〈IPL脱毛〉
光エネルギーがメラニン色素に反応し、毛根にダメージを与えて毛の抜け落ちを促進させる方法。医療レーザー脱毛の仕組みとほとんど同じですが、医療行為の行えないサロンではレーザーに比べて出力が低くなります。
〈SHR方式〉
超高速、短時間で痛みがなく全身脱毛もわずか20分で行えるハイスピードが特徴です。
〈ハイパースキン脱毛〉
特殊な光を発毛因子に照射し、発毛を抑制します。敏感肌の方でも安心して脱毛を受けることができ、痛みをほとんど感じず、発毛抑制効果が高いと言われています。

これが脱毛サロンの脱毛方法です。

医療脱毛~クリニックの脱毛方法は?

医療レーザーによる脱毛方法は「永久脱毛」をすることができます。
レーザー出力が高いことから、医療機関でのみ認められ、脱毛効果も非常に高く、毛の太さや濃さには影響されず脱毛を行うことができるのです。
その医療レーザー脱毛の方法について解説します。

・医療レーザー脱毛が主流。
アレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、蓄熱式のメディオスターやソプラノなど
クリニックによって使用されるマシンは異なりますが、主にアレキサンドライトレーザー、ダイオードレーザー、蓄熱式のメディオスター、ソプラノなどといったマシンが使用されています。

・脱毛の仕組み
医療レーザー脱毛の仕組みは、医療用脱毛専用レーザー、IPLによって毛根を破壊し脱毛をします。
レーザーを照射し、黒色を察知して熱を与えて毛が生える組織を破壊するのです。
黒色だけに反応するため、関係ないお肌には影響を与えず脱毛をすることができます。

エステ脱毛と医療脱毛の違い

エステ脱毛 医療脱毛
効果 医療レーザーに比べると劣る 効果は高い
痛み ほとんど感じない 強い
費用 安く脱毛可能 エステと比較すると高い
サービス 美肌、アンチエイジングに対する作用も同時に施術で行える
日焼けをしている肌にも施術が可能
医療機関のため、万が一のサポート面も安心

値段の安さを重視するならエステ脱毛

2つの脱毛方法で費用面を重視するという場合に、光脱毛と医療レーザーの料金を比較してみましょう。

エステ脱毛の方が安い

エステ脱毛と医療脱毛の料金は、エステ脱毛の方が安いです。1回あたりの料金を比較してみました。
・脱毛サロンと医療脱毛の料金比較
1回あたりの料金 エステ脱毛 医療脱毛
Sパーツ 3,000円 6,070円
Lパーツ 6,000円 17,410円
全身脱毛 42,000円 59,800円

詳しくは⇒全身脱毛の費用

1回あたりの料金を見ると、エステ脱毛がかなりお安く施術を受けることができるのが分かりますね。
エステ脱毛は、安いだけでなくお得に脱毛を受けられるさまざまなキャンペーンを各サロンが行っています。

エステ脱毛は値段が安いだけでなくキャンペーンも充実している

エステサロンでは毎月、シーズンなどで様々なキャンペーンを行っています。そのため、キャンペーン時期に契約をするとさらにお得に脱毛を受けることができるのです。
全身脱毛の月額制プランが初月+2ヶ月目無料や全コースが半額キャンペーン、脇脱毛が100円などなど期間限定で各サロンが充実したキャンペーンを行っているので、HPなどでチェックしてみて下さい。

効果・期間の短さを重視するなら医療脱毛

高い効果、早く脱毛を完了したい…ということを重視する場合なら医療脱毛がおすすめです。

医療脱毛の方が早い

医療脱毛とサロンの効果、回数、期間を比較すると医療脱毛の方が早く終わることが分かります。

・脱毛サロンと医療脱毛の効果・回数・期間の比較
エステ脱毛 医療脱毛
平均施術回数 12~18回 5~8回
脱毛完了までの期間 2~4年 1~2年

医療脱毛の方が照射のレーザー出力が非常に高いため、効果も早く現れます。効果が高い分、脱毛完了までの施術回数も少なく、期間も短くなるのです。

医療脱毛とエステ脱毛は併用できる?

効果の高い医療レーザー脱毛と安く脱毛出来るエステ脱毛は、併用することができるのという疑問。
結論から言うと、「併用できる」です。
医療脱毛とエステ脱毛は問題なく併用することができます。
しかし、同じ部位を同時に併用しても意味がないのでおすすめできません。

異なるパーツなら併用できる

併用する場合は、異なるパーツで使い分けるとどちらの効果も実感しながら脱毛をすることができます。
パーツを分けて併用するなら、
(例)
両ワキ → エステ脱毛
両ひざ下 → 医療脱毛

というようにパーツを分けて使い分ければ、2つの方法の違いや効果を自分で比較することができます。
脱毛したいパーツの数が複数ある場合は、併用することで比較しながら脱毛ができるというメリットがあると考えられます。
異なるパーツでの併用ならメリットがありますが、同じパーツを医療脱毛とエステ脱毛を同時期に併用して行うのはおすすめできない方法です。それには、毛の成長サイクルが関係しています。

・毛周期の関係上、同じパーツを併用しても効果は無い
基本的にクリニックもエステも毛の成長サイクルに合わせて施術を行います。
同時に同じ部位の施術を行ってしまうと、脱毛のタイミングびズレが起きてしまう場合があるのです。
この方法でも、脱毛を完了することはできるかもしれません。
ですが、同時期に同じ部位を2つの方法で脱毛するのはあまり意味がないでしょう。

異なる脱毛方式なら併用できる

異なるパーツに併用することができますが、異なる脱毛方式も併用することが可能です。

・毛根のメラニンをターゲットにする一般的な脱毛方法と、バルジや毛包をターゲットにすつ脱毛方法なら併用できる
一般的にレーザー脱毛、フラッシュ脱毛のように毛根のメラニンをターゲットにする方法と、バルジなどの毛包に刺激を与える方法であれば併用をすることができます。

※バルジとは、バルジ領域という細胞を作る働きのある幹細胞の1つ。発毛因子を作り出すバルジ領域を破壊することで脱毛をコントロールします。
この方法は、蓄熱式といいじんわりと皮膚の浅いところに位置するバルジ領域に熱を与えます。

・効果を実感しにくいかも
異なる脱毛方式を併用をすることはできますが、同時期に同じパーツへ施術するというのはやはり効果を実感しにくいかもしれません。
それぞれの効果を実感できるのは、異なるパーツへの使用になるでしょう。

こんな人は○○がおすすめ

医療脱毛とエステ脱毛について、また併用についてもお話しましたが、方法を選択するにも迷ってしまいますよね。

初めて脱毛する人は脱毛サロンがおすすめ

初めて脱毛を行うという方には、サロンでの脱毛をおすすめします。
そのおすすめポイントは3つあげられます。

・お試しキャンペーンが充実している
脱毛サロンは多くのお店がありますが、どのサロンもお試しのキャンペーン、メニューが充実しています。
サロン同士の価格競争もあって、各サロンがさまざまなキャンペーンを期間限定で展開しているのです。このキャンペーンなどを利用するとお得に、気軽に脱毛を行うことができます。
「初めて脱毛する方」対象のキャンペーンもあるので、気になる脱毛サロンが実施しているキャンペーンは要チェックです。

・脱毛料金も安い
脱毛サロンの特徴では「脱毛料金が安い」ということがあげられます。
全身脱毛の料金も、多くのサロンが月額制で1万円未満です。
また、初めて脱毛をする時に希望するパーツで多いのは「両ワキ」ではないでしょうか?
有名サロンでは「両ワキ」の脱毛が100円で受けられるという格安さ!
脱毛は、効果、安心、信頼して受けられることも重要ですが、長期的に通うので、やはり料金も大切なポイントになるでしょう。

・店舗が多いので通いやすい
脱毛サロンは多くの会社が存在しますが、全国展開されている店舗も多いために通いやすいというメリットがあります。駅近なサロンは仕事帰りにも楽に行けるので、自分のライフスタイルに合わせて店舗の場所を決めることも大切です。快適な脱毛ライフを送るためには、「通いやすさ」も重要なポイントになるのです。

永久脱毛したい人は医療脱毛がおすすめ

「脱毛するならしっかり永久脱毛をしたい!」という方には、医療脱毛をおすすめします。
なぜならサロンのフラッシュ脱毛は、永久脱毛ではありませんので医療レーザーによる脱毛をする必要があります。

・法律上、永久脱毛は医療機関でしか行ってはいけない
医療レーザー脱毛は永久脱毛をすることが可能ですが、医師免許を持っている医師の管理の下、医療レーザーを使用して行われる脱毛方法です。
永久脱毛は、医療機関のみに使用の許可が認められているのです。
法律上でも効果と安全性が認められているということになります。

医師免許を持っていない一般のサロンでは、永久脱毛という言葉も使うことは認められていません。

産毛を脱毛するなら医療脱毛がおすすめ

産毛は脱毛効果が得られないとよく言われますが、産毛を脱毛するなら医療脱毛がおすすめです。
レーザーも光脱毛も黒い色に反応するので、剛毛には効果が出やすく、産毛や色の薄い毛は反応しにくくなるのですが、医療脱毛の中でも「ダイオードレーザー」が産毛に効果があるのです。
「ダイオードレーザー」は、特に細い毛に効果があるといわれています。

・光脱毛では効果が出にくい
光脱毛は、濃い、黒い色に反応し、そのエネルギーを利用して毛乳頭の働きを抑制します。
濃い色に反応するので、剛毛には効果が出やすいのですが、産毛のように色素が薄い毛は、どうしても反応しにくくなります。
他のパーツに比べて、毛がなくなってツルツルのお肌になるまで施術回数が増えることが多いのです。

まとめ

医療脱毛とエステ脱毛の違いや効果、費用などさまざまな視点から比較してみました。
大事なお肌に施術をして脱毛を行うのですから、満足のいく効果を得たいですよね。料金だけで選ぶということなく、それぞれの方法にメリット・デメリットがあるので、みなさんの脱毛したいパーツ、予算、求める効果などに合わせて脱毛方法を選ぶことをおすすめします。
今回の比較を脱毛方法選びの参考にしてみてください。