医療脱毛の痛みはどれぐらい強い?

■医療脱毛は痛い?
最近では永久脱毛の価格もずいぶんリーズナブルになり、学生や主婦の方でも通いやすくなりましたよね。そして気軽に永久脱毛が試せるようになったもう一つの理由が、「痛みが少なくなった」ことではないでしょうか?かつて永久脱毛というと毛穴に針を刺して電気刺激で毛根にダメージを与えるニードル脱毛が一般的でした。しかしこれは費用も高いうえにかなり強い痛みがあるため、中には痛みに耐えられず途中で解約してしまう人もいたほどです。しかし最近主流の光脱毛はずいぶん痛みが軽減され、痛いのが苦手な人でも無理なく通えるようになりました。

ただし、そんな光脱毛でも脱毛サロンのフラッシュ脱毛に比べると、美容クリニックの医療脱毛は少々痛みが強いようです。

フラッシュ脱毛と医療脱毛は脱毛の仕組みはほとんど同じで、特殊な光で毛根のメラニン色素を刺激し、発毛を抑止するというものです。違うのは光の強さです。医療脱毛で用いるレーザー脱毛器の光は、脱毛サロンのフラッシュ脱毛器のものと比べると出力が強く、その分脱毛効果も高くなっています。そして同時に痛みもフラッシュ脱毛に比べると医療脱毛の方が強くなっています。

■医療脱毛の痛みはどのぐらい?
医療脱毛の痛みは具体的にどのぐらい強いのでしょうか?一般的に医療脱毛の痛みは「輪ゴムでパチンとはじいた感じ」と表現されます。もちろん痛みの感じ方は人それぞれなので、医療脱毛でもほとんど痛みを感じなかったという人もいれば、失神しそうなほど強い痛みを感じたという人もいます。また、部位によっても痛みの強さは大きく変わります。基本的に毛が太くて濃い部位は痛みが強くなるため、ワキやデリケートゾーンはかなり強い痛みを感じます。

■痛いのは苦手・・・そんな人でも医療脱毛はできる?
痛いのは苦手だけど効果の高い医療脱毛を試したい・・・そういう人のために、クリニックによっては痛みを軽減するために麻酔を処置してくれる場合もあります。麻酔の種類はクリニックによって異なりますが、クリーム麻酔や笑気麻酔など危険性や副作用の少ない麻酔が使われることがほとんどです。麻酔の使用には別料金がかかりますが、痛みに弱い人はクリニックに相談してみるといいでしょう。