エステ脱毛は違法行為なの?

■エステ脱毛は違法行為?
最近、違法にエステ脱毛をしていたと経営者が逮捕される事件がたびたび発生しています。厚生労働省では、「使用している機器が医療用かそうではないかに関わらず、レーザー光線などの強力な光線を毛根に照射することで毛乳頭を破壊する行為」を違法行為であると発表しています。つまり、医師免許を持っていない人が光による脱毛を行うことは違法行為である、ということなのです。

しかし、多くの脱毛サロンがCMや広告で大きく宣伝されていますよね。これらのサロンは皆違法行為を行っていることになるのでしょうか?

■エステの脱毛は「永久脱毛」ではない
脱毛とはそもそも、「毛根の細胞を破壊して毛が生えてこなくなるようにする」ことを言います。これができるのは、医療レーザー脱毛だけです。一方で脱毛サロンで使用されているのは医療レーザー脱毛よりも出力が小さいフラッシュ脱毛です。フラッシュ脱毛にはムダ毛が生えてこなくするほどの効果はないため、実際には「脱毛」ではなく「減毛・抑毛」なのです。そのため、フラッシュ脱毛器を使用している脱毛サロンは違法行為を行ってはいない、ということになります。

■「永久脱毛」や「レーザー脱毛」を行っているエステサロンには注意!
とはいえ、大手のエステサロンでも広告やメニューにはっきりと「脱毛」と書いて宣伝しているため、利用者はついつい医療レーザー脱毛と同じぐらいの効果を得られるのかと勘違いしてしまいますよね。安価で痛みも少なく、手軽にムダ毛を減らすことができるのが脱毛サロンのメリットですが、ムダ毛を完全になくすことができるわけではないということをしっかりと理解しておくことが大切です。反対にエステサロンなのにもかかわらずレーザー脱毛や永久脱毛ができると宣伝しているサロンは違法である可能性が高いので注意が必要です。

脱毛サロンに比べると費用も痛みも多少大きくはなりますが、その分本当の意味での永久脱毛ができるのが美容クリニックなどで行われている医療脱毛です。脱毛サロンと医療クリニックのメリットやデメリットをしっかりと理解した上でより自分に合った脱毛を選ぶのがいいでしょう。